沿革

昭和40年
1965年 3月
日本全域の道路維持管理を目的に三井物産株式会社の子会社として(旧) 日本ロード・メンテナンス株式会社を創設
昭和44年
1969年 2月
東名高速道路 静岡IC~岡崎IC間の開通に伴い袋井事業所(旧 東名袋井事業所)、豊田事業所(旧 東名豊川事業所)にて管内道路の道路維持管理業務を受注
昭和44年
1969年 10月
三井物産株式会社の子会社の整理統合のため、(旧)日本ロード・メンテナンス株式会社を分社化
東北・関東・中部エリアの会社を引き受け(現) 日本ロード・メンテナンス株式会社を設立
東京都港区東五反田5-21-13中丸ビルに本社を設置
資本金500万円
昭和45年
1970年 1月
新株発行により資本金2000万円
昭和47年
1972年 4月
ニッタ株式会社(旧 新田ベルト株式会社)と伸縮装置の販売及び施工の業務提携
昭和47年
1972年 11月
東北自動車道 岩槻IC~宇都宮IC間開通に伴い宇都宮事業所(旧 東北道鹿沼事業所)を開設し、管内道路の道路維持管理業務を受注
昭和48年
1973年 4月
新株発行により資本金5000万円
昭和48年
1973年 10月
東京都港区芝浦4-17-4に本社を移転
昭和49年
1974年 5月
特定建設業許可 第4111号取得
昭和51年
1976年 6月
東関東営業所(旧つくば営業所)開設
昭和52年
1977年 12月
子会社 株式会社テクノアングルを設立(旧 横浜ロード・メンテナンス㈱)
昭和54年
1979年 8月
新株発行により資本金1億円
昭和57年
1982年 8月
山形営業所を山形市十文字に移転
平成 3年
1991年 3月
東京都足立区舎人に東京営業所足立作業所を設置
平成 9年
1997年 3月
子会社 株式会社日本ストラーダを設立
平成12年
2000年 3月
本社ビルを改装
平成12年
2000年 7月
北関東自動車道 栃木都賀JCT~宇都宮上三川IC間開通開通に伴い宇都宮事業所の管理延長拡大
平成14年
2002年 3月
ジェットスイーパー(多機能型路面清掃車)1号機を兼松エンジニアリング株式会社と共同開発
平成15年
2003年 3月
トンネル清掃車1号機を兼松エンジニアリング株式会社と共同開発
平成17年
2005年 11月
アスベスト除去事業開始
平成19年
2007年 3月
東京都公安委員会より警備業認定証(第30003228号)の交付を受け交通誘導業警備業務開始
平成19年
2007年 7月
愛知県名古屋市瑞穂区堀田に名古屋営業所(旧 愛知営業所)を開設
平成20年
2008年 6月
豊田事業所の管理区間変更に伴い、事務所を豊田東ICに移転
平成22年
2010年 8月
トンネル清掃車2号機の開発
平成23年
2011年 4月
トンネル清掃車の商標「とんねる君」取得
平成23年
2011年 10月
北関東支店を群馬県高崎市浜川町に開設
平成24年
2012年 3月
回転式高圧水噴射装置(アセラジェット)の開発
平成25年
2013年 10月
東北支店を宮城県仙台市太白区に開設 中部支店を愛知県豊田市山之手に開設
平成26年
2014年 2月
ジェットスイーパー2号機の開発
平成26年
2014年 3月
業務用路面清掃機械器具(電気自走式)の商標「アセラジェット」取得
平成26年
2014年 4月
米国エルジン社のペリカンスイーパー導入
平成26年
2014年 7月
福島営業所を福島市松川町に移転
平成26年
2014年 11月
袋井事業所の社屋を移転
平成30年
2018年 3月
トンネル清掃車3号機の開発